Only Neat Thing

たったひとつの冴えたやり方

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

スタートページ

IBM ThinkPad X20/21

Windows XP

Lenovo ThinkPad X200

Intel DG965WH

Panasonic Let'snote CF-R

SSD

Hyper-V使いこなし

Misc

xpnetframework

XPへの.NET Framework のインストール

 .NET Frameworkにはバージョンがいくつもあり、しかも上位互換性があるとは限らない・・というややこしいことになっている。もちろん、.NET Frameworkが必要なソフトを使わないのなら、必要もないのにインストールしなくたっていい
 ただよくある話は「どれをどこからダウンロードしてインストールすれば良いのか?」というもの。そのための情報まとめ。

バージョン間の互換性

 .NET Frameworkのバージョンを整理する (@IT) にとてもよくまとめられている。図も(勝手に)転載させていただいた。

.NET Frameworkの各バージョンの関係

 この図のように .NET Framework にはバージョンのグループが4つある。

  • 1.0: XP用。サポート終了。
  • 1.1: XP用。サポート終了。
  • 2.0/3.0/3.5: 同時インストール可能。新しいバージョンは古いバージョンを含んでいる。
  • 4/4.5/4.6: どれがひとつだけがインストールできる。

 グループ間に相互の互換性はない。(2.0がインストールされていても1.1用ソフトは動かない)
 一方、グループでは上位(後方)互換性がある。(4用ソフトは4.6でも動作する)

XPにインストールできるバージョンは

各Windows OSにインストール可能な.NET Frameworkのバージョン

 XPには1.0/1.1/2.0/3.0/3.5/4 がインストール可能だ。

ダウンロード

 各バージョンごとに「本体」「言語パック」「サービスパック」がある。下記は、ダウンロードページへのリンクとファイル名(32bit用のみ)。

Ver.本体言語パックサービスパック
1.0RTM-SP3
dotnetredist.exe-NDP1.0sp3-KB867461-X86-Jpn.exe
1.1RTMRTM用SP1
dotnetfx.exelangpack.exeNDP1.1sp1-KB867460-X86.exe
1.0/1.1はサポート終了。
2.0SP2適用済みSP2用
NetFx20SP2_x86.exeNetFx20SP2_x86ja.exe-
2.0は3.5に内包されているので、3.5をインストールするべき。
3.5SP1適用済みSP1用
dotnetfx35.exedotnetfx35langpack_x86ja.exe-
サポート終了日は設定なし。それまで2.0/3.0もサポートされる。
4.0CPRTMRTM用-
dotNetFx40_Client_x86_x64.exedotNetFx40LP_Client_x86_x64ja.exe-
4.0FullRTMRTM用-
dotNetFx40_Full_x86_x64.exedotNetFx40LP_Full_x86_x64ja.exe-
Client Profile版とFull版がある。2015/7/14サポート終了。

 もしできる限り多くのバージョンに対応したいなら、

  • 1.0 RTM→SP3
  • →1.1 RTM→言語パックRTM用→SP1
  • →3.5 SP1適用済みRTM→言語パックSP1用
  • →4.0 RTM→言語パックRTM用

 の順でインストールすれば良いと思う。4.0用のFull版が必要になるのは、アプリがFull版の機能を要求する場合だけ。

 古いバージョンが不要ならインストールしなくてもかまわないが、後から古いバージョンを入れる場合には、それより新しいバージョンをすべてアンインストールしてからでなければならない、というルールがある。そこが面倒なところだ。(インストールは古いバージョンから、アンインストールは新しいバージョンから)。

インストールされているバージョンの確認

xpnetframework.txt · 最終更新: 2019/09/30 18:07 by root

ページ用ツール