Only Neat Thing

たったひとつの冴えたやり方

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

スタートページ

IBM ThinkPad X20/21

Windows XP

Lenovo ThinkPad X200

Intel DG965WH

Panasonic Let'snote CF-R

SSD

Hyper-V使いこなし

Misc

xp-activation

XPのライセンス認証

XPのライセンス認証

 XPではインストール後にライセンス認証(アクティベーション)を行うように要求される。アクティベーションをせずにに使える期限は30日であることが多いが、60日という場合もある。この期間中を過ぎるとXPが「機能制限モード」になり、アクティベーションを済ますまで通常のログインができなくなる(セーフモードでの起動はできる)。

 ハードウェアの変更を行うと、再びアクティベーションを要求される。この場合には猶予は3日間しか与えられない。そのあたりは下記のサイトに詳しい。

 アクティベーションが済んでいるかどうかは、下記のコマンドで確かめられる。

OOBE.BAT
%systemroot%\system32\oobe\msoobe.exe /a

 「ライセンス認証の手続きは既に行われています」と表示されればアクティベーション済みだ。

アクティベーションの実行

 ライセンス認証(アクティベーション)を行うには、上記OOBE.BATを実行すれば良い。あるいは、スタートすべてのプログラムアクセサリシステムツールWindowsのライセンス認証。アクティベーションが未実施なら、このような画面が表示される。

Windowsのライセンス認証

 インターネット経由での認証を選ぶのが無難だ。

 XPのユーザー登録をするかどうか。

エラー45090

 インストール時に入力したプロダクトキーがマイクロソフトのライセンス認証サーバーでブロックされている場合は、エラー45090が表示される(承認されていないプロダクトキー)。プロダクトキーを紛失したからといって、ネットで見つけたキーを使ってインストールすると、このエラーになる。海賊版だと見なされたわけだ。

エラー45092

 同じプロダクトキーで複数のPCにインストールすると、エラー45092になる。実際に確かめてはいないが、

  • 3ヶ月以内に2回以上アクティベーションすると、次回はエラー45092になる。
  • 120日以上経過すると、ライセンス認証サーバーで情報が削除され、インターネット・アクティベーション可能になる。

 とのことである。

 Microsoftの表現によると、「Microsoft アクティベーション クリアリングハウス システムでは、自動的にアクティベーションがインターネット経由で 1 年に 4 回まで、かなり相違しているハードウェア上でも許可されます」となっている。
 その他、アクティベーションの細かな情報は、下記を参照。
 エラー45092になった場合、Windows Product Key Update Toolを使っていったん別のプロダクトキーに変更し、再び同じツールを使って元のキーに戻すとアクティベーションされる場合がある。

機能制限モード

 期限日を過ぎてもアクティベーションをしていないと、XPは「機能制限モード」に入る。ログイン時、「Windows 製品のライセンス認証」というダイアログに、「ログオンする前に、このWindowsのライセンス認証の手続きを行う必要があります。今すぐライセンス認証の手続きを行いますか?」と、メッセージが表示される。

 「はい」を選べばアクティベーション画面に移る。「いいえ」を選べば、すぐにログアウトされてしまう。つまり、アクティベーションしなければWindowsを使わせないぞ!、というMicrosoftの意志を感じさせるダイアログだ。
 セーフモードでのログインはできるので、USBメモリなどにファイルを取り出すことはできるが、アクティベーションしない限り機能制限モードから抜け出すことはできない。

xp-activation.txt · 最終更新: 2019/06/19 01:07 by admin

ページ用ツール