Only Neat Thing

たったひとつの冴えたやり方

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

スタートページ

IBM ThinkPad X20/21

Windows XP

Lenovo ThinkPad X200

Intel DG965WH

Panasonic Let'snote CF-R

SSD

Hyper-V使いこなし

Misc

Action unknown: copypageplugin__copy
install-windows-xp

Windows XPのインストール

Windows XPの入手

 現在Windows XPのISOファイルはMicrosoftから一般には提供されていない。1)

 ヤフオク! でインストールCD-ROMが千円程度で手に入る。ただし、有効なプロダクトキー付きのパッケージ版となると1万円を超える値段がついている。

IEで「ページを表示できません」

 OSのインストールは、

  ① Windows XPのインストール
  ② 更新プログラムのインストール(サービスパックなど)

 という順番で行うことになる。どうやって②をダウンロードするかだ。
 XP用の更新プログラムをダウンロードするには、二つのダウンロードサイトがある。

 ①が終わった時点ではインストール済みのInternet Explorerのバージョンは6だ。そして、IE6ではMicrosoftのサイトの多くはエラーになってしまって閲覧できない。ダウンロードセンターとUpdateカタログも「ページを表示できません」と表示されてしまう。

IE6でサーバーが見つかりません
 これにはいくつかの原因がある。

HTTPS化とPOODLE脆弱性によるもの

 2014年から、Webサイト全体をHTTPS化する企業が増えてきた。GoogleもHTTPSサイトを検索順位で優遇するようになった。マクロソフトもご多分に漏れず、サイトの大部分はHTTPS化されている。
 IE6もHTTPSはサポートしているはずなのに、なぜWebサイトがHTTPS化されるとダメなのか。

 HTTPSは、SSL 1.0→SSL 2.0→SSL 3.0→TLS 1.0→TLS 1.1→TLS 1.2 とバージョンアップされてきた。
 2014年9月に、SSL 3.0の脆弱性が発見されPOODLEと名付けられた。これは仕様上の問題だったので、IETFがSSL 3.0廃止の勧告を出した。さらに12月にはTLS1.0/1.1にもPOODLEの脆弱性があることが判明した。おそらくマイクロソフトのサイトの大部分で、SSL 3.0/TLS 1.0/1.1は無効化されているであろう。
 XPのIEは、TLS 1.0までしかサポートしていない。一方サイト側はTLS 1.2を要求する。これがInternet Explorerで「ページを表示できません」となる主な原因と思われる。

 そこで、IE8をインストールすると、Microsoft Update カタログを使うことができるようになる。IE8の詳細設定でTLS 1.0を無効にすると使えなくなるので、どうやらUpdate カタログはTLS 1.0での通信を許容しているようだ(2017/7現在)。
 (IE6もTLS 1.0をサポートしているはずなのに、なぜIE6でダメで、IE8でOKなのか・・・、その点は謎のままだが、おそらくIE6とIE8では暗号強度や証明書のサポート範囲に違いがあるのだろう)

 2017年10月、MicrosoftはXP POSReady 2009でのTLS1.1/1.2のサポートを発表した。
  Announcing support for TLS 1.1 and TLS 1.2 in XP POSReady 2009 (Microsoft Secure)
 これによってIE6のままUpdateカタログを使う可能性が開けたのかもしれない。時間があるときに検証してみたい。

 一方、MicrosoftダウンロードセンターはTLS 1.2が必要なようで、IE8でも閲覧できない。

ダウンロードセンターでの公開中止によるもの

 2016年4月29日、マイクロソフトは、一部の更新についてはダウンロードセンターでの公開を中止して、Updateカタログのみの公開とすると発表した。2)
  Changes to Security Update Links (microsoft)
 リンクを張る先としてはダウンロードセンターのページの方が便利だっただけに残念。

ダウンロードセンターの404エラー
 こちらは、ページが削除されているので、他の環境でIE10やFirefoxを使っても、404 Not Foundになる。

対策

 Windows XPで更新プログラムをダウンロードするなら、IE8をインストールする必要がある。

サービスパックのインストール

 IE8のインストールには、少なくともSP2(サービスパック2)が必要だ 3)
 IE6ではUpdateカタログが使えないので、下記のダイレクトリンクからダウンロードする。

 ここでSP3をインストールしておくことをお薦めする。

XPのサービスパックは、SP1・SP2・SP3とあるが、SPなしの状態からSP3はインストールできない。必ず、SPなし→(SP1|SP2)→SP3の順を強いられる。

Internet Explorer 8のインストール

 IE8のダウンロードページは、KB969174 Internet Explorer 8 をインストールする方法 にあるが、これもIE6では表示できないので、下記のダイレクトリンクからダウンロードする。

Firefoxを使う

 Firefoxを使うという選択肢もある。Firefoxは、バージョン52でXPとVistaのサポートを終了した。企業向けの延長サポート版「Firefox ESR」のサポートは継続している。

 2017年7月時点での最新版ESRは52.2.1

参考

Windows Updateを実行

Windows Update エージェントの更新

 XPでWindows Updateを動かすには、Windows Update エージェント7.4.7600.226が必要。

Windows Updateを実行

 まとめると、こんな順番になるだろうか。

  1. XPのインストール。
  2. (SPがまったくインストールされていない場合)SP2のインストール。
  3. SP3のインストール。
  4. Internet Explorer 8 のインストール。
  5. Windows Update エージェントの更新(7.4.7600.226)。
  6. WindowsUpdateを実行。

 SPをオフラインインストールしておいても、WindowsUpdateにはかなりの時間を要し、しかも一度にすべてのアップデートはインストールされないので繰り返しWindowsUpdate実行する必要がある。

以上の手順が済んでも、コントロールパネルからWindows Updateを開くと、そのURLではエラーになってしまう。
IE8でこちらのURLを使わなければならない。
http://www.update.microsoft.com/windowsupdate/v6/default.aspx?ln=ja


WindowsUpdateが済んだXP

サポート終了その後

 Windows XPのサポート終了以降、Windows Updateを経由しての更新プログラムの配布は行われなくなった。だが、2017年のWannaCryの流行により、XP用にもセキュリティ関係の更新プログラムをいくつか公表した。これらは手動でダウンロードしてインストールする必要がある。

Slipstream CDが作りたくなった

 OSのインストールを一度だけするならともかく、繰り返しインストールする必要がある場合には、これはかなり面倒だ。そこで、アップデート適用済みのインストールCD(ISOファイル)を作ることにする。

install-windows-xp.txt · 最終更新: 2019/06/19 01:07 by admin

ページ用ツール