Only Neat Thing

たったひとつの冴えたやり方

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

スタートページ

IBM ThinkPad X20/21

Windows XP

Lenovo ThinkPad X200

Intel DG965WH

Panasonic Let'snote CF-R

SSD

Hyper-V使いこなし

Misc

You are not allowed to perform this action
updatepackageswitch

更新プログラムのコマンドラインスイッチ

 元の情報は、

 更新プログラムの実行ファイルは何種類かあるが、主な二つは

  • Hotfix.exe - NT、2000SP3まで
  • Update.exe - 2000SP4、XP、Server 2003以降

Update.exeのコマンドラインスイッチ

 Update.exeのスイッチ。短いスイッチも使える。

スイッチ 説明
/help/?コマンド ライン ヘルプを表示します。
/passive/u無人セットアップ モード。ユーザー入力は不要ですが、インストールの状況は表示されます。
/quiet/qQuiet モードで実行します。無人モードと同じですが、インストールの状況やエラー メッセージは表示されません。
/norestart/zインストールの完了時に再起動しません。
/warnrestart[:sec] 再起動されることをユーザーに警告するダイアログ ボックスを表示します。30秒
/forcerestart インストールの完了後にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 再起動が必要な場合にユーザーにダイアログ ボックスを表示します。
/forceappsclose/fコンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを終了します。
/nobackup/nアンインストール用にファイルをバックアップしません。
/overwriteoem/oOEM ファイルを上書きするときに確認メッセージを表示しません。
/integrate:path/s指定したパスにある Windows インストール ソース ファイルにソフトウェア更新プログラムを統合します。
/log:path ログ ファイルを作成する場所を指定できます。
/ER 拡張エラー報告を有効にします。
/verbose/v詳細ログを有効にします。%Windir%\CabBuild.log
/d:path/d(SP専用)バックアップ ディレクトリを指定します。%Systemdrive%\$ntservicepackuninstall$
/extract[:path]/xセットアップを起動せずにファイルの展開のみを行います。
/hotpatch:disable ホットパッチ機能を無効にし、通常の更新プログラムとしてインストールします。
(未確認)/lインストールしてあるホットフィックスを一覧表示。

Hotfix.exeのコマンドラインスイッチ

 あんまり使う機会はないと思うが・・・。

スイッチ説明
/fシャットダウン時に他のプログラムを強制終了します。
/lインストールされているソフトウェア更新プログラムの一覧を表示します。
/m無人モードで実行します。
/nアンインストール用にファイルをバックアップしません。
/qQuiet モードで実行します。ユーザー入力を必要としません。
/yアンインストールを行います (/m または /q と共に使用する必要があります)。
/zインストールの完了後にコンピューターを再起動しません。

IExpress形式のコマンドラインスイッチ

 Internet Explorerのセットアップファイルなどに使われているIExpress形式の場合。
  IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ

説明
/q自動インストールを実行します (メッセージを一部表示しません)。
/q:uユーザー非表示モードで実行します (ユーザーにいくつかのダイアログ ボックスが表示されます)。
/q:a管理者非表示モードで実行します (ユーザーにダイアログ ボックスが表示されません)。
/t:pathファイルの展開先フォルダを指定します。
/cインストールを実行せずにファイルの展開のみを行います。/t:path を指定していない場合は、展開先フォルダの入力を求められます。
/c:pathセットアップ .inf ファイルまたは .exe ファイルの UNC パスと名前を指定します。
/r:nインストール完了後にコンピュータを再起動しません。
/r:i再起動が必要な場合に、ユーザーにコンピュータの再起動を求めるメッセージを表示します (ただし、/q:a を使用している場合は除きます)。
/r:aインストール完了後にコンピュータを必ず再起動します。
/r:sインストール完了後、ユーザーにメッセージを表示せずにコンピュータを再起動します。
/n:vバージョン チェックを実行しません。パッケージのインストール時に以前のバージョンをすべて上書きします。

インストールされているHotFixの一覧

 インストールされているHotFixの一覧を表示するのは、いくつか方法がある。


 まず、WMI(Windows Management Instrumentation)のコマンドを使う方法。

wmic qfe

 出力されるテキストをExcelに読み込ませる、という技が使える。
 (WMIC.EXEは有用なコマンドみたいなので、後ほど習熟したい)。


 次はSYSINFO.EXEを使う方法。

sysinfo

 ただし、これはHotFixが多くなると一部が表示されない問題がある。


 PowerShellのGet-HotFixコマンドレットを使う方法。

powershell Get-HotFix

 PowerShellを起動した後、こんな技も紹介されていた。

Get-HotFix |sort HotFixID |export-csv -encoding default C:\Get-HotFix.csv

今後の更新

updatepackageswitch.txt · 最終更新: 2019/06/19 01:07 by admin

ページ用ツール