Only Neat Thing

たったひとつの冴えたやり方

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

スタートページ

IBM ThinkPad X20/21

Windows XP

Lenovo ThinkPad X200

Intel DG965WH

Panasonic Let'snote CF-R

SSD

Hyper-V使いこなし

Misc

Action unknown: copypageplugin__copy
novmguest

統合サービスがない

Windows 10のHyper-VではXPやVistaをサポートしてくれない

 Windows 10のHyper-Vには「統合サービスセットアップディスクの挿入」メニューがなくなった。統合サービスはクライアントOSのWindows Updateを通じてインストールされることになる。

 Windows Updateを使いたくなければ、
  https://support.microsoft.com/en-us/kb/3071740
 からダウンロードすることもできるようだが・・・。(参考リンク

 どっちにしても、統合サービスはクライアントOSとしてWindows7/8/8.1しかサポートしてない。もっと古いVistaやXPを使いたい場合にはどうすれば良いか。

Windows 8.1のHyper-Vから持ってくる

 そこで、Windows 8.1のHyper-Vから「統合サービスセットアップディスク」のイメージを持ってくることにする(その実体は %windir%\system32\vmguest.iso にあるそうだ)。

 Windows 8.1のISOファイルは
  https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows8
 からダウンロードできる。
 8.1のインストールには必ずプロダクトキーが必要だ・・・が、vmguestを取り出すだけならライセンス認証する必要は特にないんじゃないの。

 まずWindows 10のHyper-VのゲストOSとしてWindows 8.1をインストールし、その中でHyper-Vを有効化してみたのだが C:\Windows\System32 に gmguset.iso は存在しなかった。Hyper-V上でHyper-Vを動かすことはできないのでこれは仕方ないのか(Server 2016ではnested Hyper-Vが可能になるが、ゲストOSが8.1ではダメみたいだ)。

Hyper-Vの有効化

 物理マシンに8.1をインストールして取り出した。

vmguestのインストール

 ゲストOSで vmguest.iso 内の \support\x86\setup.exe を実行する(通常はISOファイルをマウントした時点で自動実行されるはず)。

novmguest.txt · 最終更新: 2019/06/19 01:07 by admin

ページ用ツール